花酔いロジック 坂月蝶子の謎と酔理

著者:森晶麿

572円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大学に入学した蝶子は、勘違いから〈スイ研〉――酔理研究会に入ることに。酒に酔えない蝶子だが、先輩・神酒島が読み解く謎の理(ことわり)は蝶子に心地よい酔いをもたらし……。モラトリアム系青春恋愛ミステリ!※本書は二〇一三年十二月に小社より刊行された『名無しの蝶は、まだ酔わない 戸山大学〈スイ研〉の謎と酔理』を改題の上、文庫化したものが底本です。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    18
    5
    3
    4
    10
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/05Posted by ブクログ

      日常の謎に青春と恋愛を絡めた作品。謎はどれも小振りではあるものの登場人物たちの心情が「ああ、こういう謎を生み出しそう」と思わせた。二人の続きが気になるので続きも読みたい。

    • 2018/01/01Posted by ブクログ

      戸山大学酔理研究会の話。面白いんだか、面白くないんだか、微妙なストーリー。神酒島先輩はつかみどころのない人だな。蝶子とこれからどうなるのかな。

    • 2017/09/03Posted by ブクログ

      人の心が織りなす謎が解き明かされる。謎の最たるものが恋か。
      蝶子にとって、ミステリは善し悪しを他者と語らう代物ではなく、好きなものの種類くらい自分で分かっており、他のものを人から押し付けられたくないと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード