花酔いロジック 坂月蝶子の謎と酔理

著者:森晶麿

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大学に入学した蝶子は、勘違いから〈スイ研〉――酔理研究会に入ることに。酒に酔えない蝶子だが、先輩・神酒島が読み解く謎の理(ことわり)は蝶子に心地よい酔いをもたらし……。モラトリアム系青春恋愛ミステリ!※本書は二〇一三年十二月に小社より刊行された『名無しの蝶は、まだ酔わない 戸山大学〈スイ研〉の謎と酔理』を改題の上、文庫化したものが底本です。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    19
    5
    3
    4
    10
    3
    5
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/07/16Posted by ブクログ

      ■酔いしれるは酒と恋、とびきりの謎。

      戸山大学に入学した坂月蝶子は痩身の文学青年・神酒島先輩から声をかけられ、“スイ研”―酔理研究会に入ることに。そこで目にしたのは、数々の酒と恋と、日常の謎。新歓コ...

      続きを読む
    • 2015/11/17Posted by ブクログ

      好きだなぁ、森晶麿。

      テンポの良さと心地よさ。なのに『ついてこい!』っていう強引な引っ張りがなくて、きちんと考えさせられる。考えることは、推理じゃない。あくまで人間心理みたいなところ。

      黒猫シリー...

      続きを読む
    • 2015/07/23Posted by ブクログ

      第1話で死屍累々な酔っ払い集団が登場した時はどうなることかと思いましたが、きっちりとロジカルなお話でした。
      酔っ払いには酔っ払いのロジックがあるということなんでしょうけど、この集団、身近にいたら迷惑だ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001531937","price":"572"}]

    セーフモード