【最新刊】無惨百物語 みちづれ

無惨百物語

著者:黒木あるじ

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    エレベーターを待っている背後に、毎日通り過ぎる路地の片隅に、長らく空いたままのアパートの隣室に……日常の風景に潜んだ怪異は、ある日突然姿を現し襲いかかる。読めばもう日常には戻れない、百の体験談

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/23
    連載誌/レーベル
    角川ホラー文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー
    • 無惨百物語 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      無惨百物語 全 2 巻

      1,364円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    • 2015/06/16Posted by ブクログ

      「律儀」のハイヒール。立原透耶の「ひとり百物語」の中の話を思い出しました。あれも、マンションでの話でしたね。
      「S氏の証言」どんな気持ちで、聞いてたんですかね。この話の内容って、黒木あるじさん本人が体...

      続きを読む
    • 2017/05/16Posted by ブクログ

      実話怪談ですので、誰かが実際に体験した恐い話が百話綴られています。黒木さんの作品は、読者を「恐がらせよう」としていない感じがとても好き。実際に恐い話なんだから、体験者がそれを「どのように」体験したのか...

      続きを読む
    • 2017/05/01Posted by ブクログ

      自衛隊関係の怪談がなかなか興味深い。まだまだ出てくるはずだし、集まっているはずです。当然、書けない語れないものも。

      「ころりさま」がとても哀しく、そしてとても怖い。時代と言ってしまえばそうだけど、個...

      続きを読む
    開く

    セーフモード