登山と日本人

著者:小泉武栄

756円(税込)
ポイント 7pt

購入へ進む

カゴに追加

日本人にとって山は聖地であり、レジャーとしての登山が日本で一般化するのは明治末期だった。日本とヨーロッパを比較しつつ、山と人間との関わりの歴史をたどり、山の魅力に迫る。『登山の誕生』を加筆のうえ改題。

続きを読む

レビュー

0
0
5
0
4
0
3
0
2
0
1
0
  • ネタバレ
    2016/09/10Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています

セーフモード