代官の日常生活 江戸の中間管理職

著者:西沢淳男

803円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    時代劇でおなじみの代官。悪の権化のように描かれてきた彼らは現代のサラリーマンであった。400万石の幕府の経済基盤を支えた代官を理解すれば、江戸幕府がなぜ270年もの間存続できたかが見えてくる。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/09/23Posted by ブクログ

      購入。

      「おぬしもワルよのぉ」でおなじみの代官像は実態とかけ離れている、ということを指摘する。実際の代官はどのように生活を送り、仕事をしていたか、当時の日記から解説していく。

      代官は年貢取り立ての...

      続きを読む
    • 2015/09/22Posted by ブクログ

      商人から賄賂を受け取り、過重な年貢を強いるー時代劇などで悪の権化のように描かれ続けてきた「代官」。しかしその実態は、部下の不始末に悩まされ、頻繁な転勤や多額の借金に苦労しながらも、全国400万石におよ...

      続きを読む

    セーフモード