【最新刊】覚悟さえ決めれば、たいていのことはできる

覚悟さえ決めれば、たいていのことはできる
1冊

著:松井忠三

1,177円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

赤字に陥った無印良品を二年でV字回復させ、過去最高売上を何度も更新させた著者が教える、小さな積み重ねで、大きな目標を成し遂げる方法。・やりたいことがあるのに、いつも達成できない・よく、まわりにもめ事が起きる・重要な仕事になかなか手をつけられない・部下とのつきあいがうまくいかない・自分の時間をつくることができないあなたがもし、こんな風に感じるのであれば、ぜひ本書を読んでみてください。本書は、良品計画会長の松井忠三さんが入社してから課長になるまで、良品計画に異動になってから部長になるまで、専務となり社長になるまで、そして、社長になってからV字回復を成し遂げる間に悩んだこと、実際におこなったこと、失敗したこと、そこから導き出した「仕事哲学」のすべてがつまっています。著者は、「仕事ができる人」は必ず、「覚悟を決めている」といいます。「覚悟を決める」とは、自分以外のなにかに責任を押しつけない、ということです。「覚悟」さえ決めれば、まわりに文句を言っている時間はなくなり、「自分が今、何をすればいいか」だけに焦点を絞ることができます。覚悟さえ決まれば、能力も、学歴も、性別も関係なく、一歩ずつ歩みを進めることができるようになります。本書を読んでくださる方が、覚悟を決めて、大きな目標を成し遂げてくださることを心から願っています。

続きを読む

レビュー

4
4
5
2
4
1
3
0
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2018/10/10Posted by ブクログ

    タイトルだけ見ると成功した経営者が書いた精神論かと思いますが、経験を排除し「仕組み」の大事さも説かれています。

  • 2016/12/13Posted by ブクログ

    ・「仕事ができる」ためにもっとも大切なこと。それは「信頼」。信頼こそが、すべての仕事の礎になる。上司から信頼されていなければ、大事な仕事を任されることはない。部下から信頼されていなければ、チームとして...

    続きを読む
  • 2016/02/05Posted by ブクログ

    無印良品の仕組みと育て方

    の方が、著者のエネルギーと熱量が、あったかな、と思いますが相変わらず良書で、日々の仕事の、甘さを感じます。


    ★意識を変えたければ、まず、行動を変える仕組みを作り、実際に...

    続きを読む
開く

セーフモード