【最新刊】日本の低金利時代は資本主義終焉の予兆

日本の低金利時代は資本主義終焉の予兆

1冊

水野和夫

110円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    二〇一四年のベスト新書第一位『資本主義の終焉と歴史の危機』(集英社新書)の著者と語り合った、いま日本が直面している本当の危機の「正体」と、資本主義終焉の次に来るものとは何か。●日本で続く超低金利は近代資本主義終焉のサインか●資本主義が機能する条件がなくなった●グローバル資本主義に国民国家は機能不全●消費税よりまずは資産課税を●株の配当を極力低くする●ルターに通じるスノーデン事件

    続きを読む
    ページ数
    43ページ
    提供開始日
    2015/05/29
    連載誌/レーベル
    e-ノンフィクション文庫

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード