日溜り勘兵衛極意帖 : 10 押込み始末

藤井邦夫

529円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    根岸の里の小さな家の縁側に、老黒猫を膝に抱き転た寝する浪人の姿があった。その男の名は錏(しころ)勘兵衛。口入屋の女将おせい、故買屋の吉五郎、船頭の丈吉との四人組の盗賊「眠り猫」、最後の闘いが始まる。闇に潜む悪党に勘兵衛が下す裏仕置き、人気作家が放つシリーズ第十弾、ついに完結!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード