Scala関数型デザイン&プログラミング―Scalazコントリビューターによる関数型徹底ガイド

Paul Chiusano/Runar Bjarnason/株式会社クイープ

4,290円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『本書に寄せて --- Martin Odersky Scala言語設計者』より――本書は深く考えさせる本です。細部への注意を促し、プログラミングに対するあなたの考え方を否定するかもしれないからです。本書を読み、推奨されている練習問題を解くことで、純粋関数型言語とは何か、その言語で何を表現できるか、それにはどのようなメリットがあるかについて理解を深めることができるでしょう。特に気に入っているのは、すべてがこの1冊に含まれていることです。可能な限り単純な表現から始まり、すべての抽象概念を詳しく説明した後、それらの上にさらに抽象概念を組み上げていきます。ある意味、表紙の向こうにScalaの別世界が展開します。その世界では、ミュータブルな状態は存在せず、すべての関数が純粋です。よく使用されるScalaライブラリは主に、関数型のインターフェイスを持ちながらも部分的に命令型の実装に基づいているため、この理想郷に少し似つかわしくありません。私の考えでは、ミュータブルな状態を関数型のインターフェイスにカプセル化できることは、Scalaの長所の1つです。しかし、その能力がよく誤用されることも事実です。それにはまって抜けられなくなっていることに気づいた場合は、本書が強力な毒消しになります。

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/13Posted by ブクログ

      Scala の入門といえばコップ本 (Scala スケーラブルプログラミング) だが,本当に「Scala」らしいコードやライブラリとたくさん向き合い,「あ,この人達こういうことやりたいのね」と理解する...

      続きを読む

    セーフモード