女囚霊 塀の中の殺戮ゲーム

完結

加藤山羊

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「悪くない奴以外は………… みんな死ぬ。」某女子刑務所。女囚霊が棲むと囁かれる独房に入れられた受刑者の多くが、なぜか謎の急死を遂げる。しかし問題は… 「生き残ってしまった」場合なのだ。彼女たちは、片腕が異常に伸び、そして同房の受刑者達に対して…? 衝撃のホラー作、ついに単行本化。

続きを読む

レビュー

2.5
12
5
0
4
0
3
8
2
3
1
1
レビュー投稿
  • 2016/04/09Posted by ブクログ

    恐怖に向けての期待感の演出が上手かっただけに、肩透かしを食らったような感想。
    話自体はそこそこに面白く作り上げてあるが、ちょっとごちゃごちゃしすぎていたのが残念。
    もっとシンプルなストーリーでもよかっ...

    続きを読む
  • 2013/08/17Posted by ブクログ

    ある地方刑務所内で気味が悪い噂を元に事件が起こる。それを紐解くのは議員の罪を被せられた女囚──軸としては軽過ぎず重過ぎず、全一巻読み切りなので、さらっと読めてほどほどに怖い。そんな感じのホラーミステリ...

    続きを読む
  • 2012/10/01Posted by ブクログ

    絵は怖かった。
    下手なかんじがかえって怖さを増長させてた。
    演出も怖かった。
    だからなのかオチがなんかなんというか…。
    生きてる人間がイチバン怖いってのもワンパターンになっちゃったよね。

開く

セーフモード