無印良品のデザイン

編:日経デザイン

2,376円(税込)
ポイント 23pt

通常ポイント:23pt

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。1980年に日本で生まれた無印良品が、世界市場で成長を続けている。生活者の視点でのものづくり、簡素にして上質なデザイン――それらはどのようにして生まれるのか。無印良品を支えるクリエーターたちへのインタビューと詳細な取材を基に、無印良品の「デザインの秘密」を分析する。本書は、無印良品の成功の秘密をデザインの視点から考察しようというものである。「プロダクトデザイン」「コミュニケーションデザイン」「店舗デザイン」という切り口でさまざまに考察しているが、最も大切なのは大元にある思想を理解することだと考える。そこで本書を構成するに当たっては、4人のアドバイザリーボードの方々にインタビューにご協力いただいた。無印良品を支えるアドバイザリーボードの言葉は、読者が無印良品の成功の秘密を知るための助けになるはずだ。

続きを読む

レビュー

3.8
5
5
0
4
4
3
1
2
0
1
0
  • 2017/08/23Posted by ブクログ

    無印良品のデザインとデザインフィロソフィーを余すことなくというほどではないにしても語り尽くした本。 リアルに「でいい」という、「唯吾を知る」という立脚点が表れていて素晴らしい。

  • 2017/01/28Posted by ブクログ

    借りたもの。 「無印良品」の製品哲学、その実現の過程についてまとめられた本。 モノが売れない時代と言われ、付加価値を付けることで“売れる”モノを生み出していこうとする中で、あえて「これ“で”いい」モ...

    続きを読む
  • 2016/05/29Posted by ブクログ

    ・アドバイザリーボード:ブランドコンセプトを維持するために外部のデザイナーで構成された組織。             原研哉、深沢直人ら。 ・商品のあり方は、二極化している。  1.新奇な素材の用法...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード