なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話

著:小笹芳央

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書を手にしてくださったあなたに深く感謝申し上げます。そして、あなたのビジネスパーソンとしての今後の成長をお約束します。  なぜ、そんなことが言えるのか。その理由は、あなたが「耳の痛い話」というタイトルのついた本書に向き合う“意欲”をもっているからです。だって普通の人は「耳の痛い話」など聞きたくない、できれば遠ざけておきたいと思うはずですから。でも、あなたの場合は、「今の自分には満足していない」「もっと成長したい」「成長のきっかけをつかみたい」という気持ちがあるからこそ、本書に興味を持ってくださったのではないでしょうか。  長年、私は組織人事領域の専門家として様々な業界の人材教育に関わると同時に、経営者としても人材マネジメントに注力してきました。そのような経験を通じて断言できることは、成長への意欲がある人材は、正しい考え方や方法論さえ取得すれば、確実に「デキる人材」へと変貌するということです。 本書にしたためた「耳の痛い話」の数々が、あなたの次なる一歩へとつながること、そしてあなたの未来が大きく開けるきっかけとなることを心から願っています。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    11
    5
    6
    4
    1
    3
    2
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      著者の実体験に基づいた、と言うか著者本人が言われた耳の痛い話からの対応の手引きという感じの本。
      若い頃はもちろん歳をとってからこそ聞く耳を持たないといけないし、変われる、受け入れられる人物でいないとい...

      続きを読む
    • 2015/03/20Posted by ブクログ

      こんなに心に刺さらない本は久しぶり。
      新人を愚痴って喜んでいるだけ。どこかで聞いたことのあるセリフをあたかも自分が考え出したかのようにドヤ顔で言われたような不快感。
      自分には合わなかった。

    • 2014/12/23Posted by ブクログ

      共感できるところ、自分の認識が甘かったなと思うところ、など身になる内容が多かった。この1回きりではなく、自分が自惚れてきた時や上手くいっていないときなどに読み返そうと思う。

    開く

    セーフモード