大麻入門

著:長吉秀夫

779円(税込)
ポイント 7pt

戦後、GHQ主導による新憲法の下で初めて規制された大麻は、遥か太古から、衣食住はもちろん医療や建築、神事など、日本人の生活になくてはならないものだった。1948年に施行された大麻取締法は、当時の政府が大麻産業を奨励していたためか、立法目的が明記されないまま現在に至っている。一方で、欧米諸国では所持・使用の非犯罪化が進み、医療やバイオ・エネルギーなど様々な分野での研究が盛んだ。国内外の知られざる大麻草の真実とは?

続きを読む

レビュー

4
10
5
4
4
4
3
1
2
0
1
1
  • 2014/02/02Posted by ブクログ

    日本では麻薬として取り締まられている大麻。実は医療やバイオマスエネルギー等の有用な面も多いということを歴史や海外の事例を交えながら解説。日本は戦後に制定された法律が十分に見直されないまま現在に至ってお...

    続きを読む
  • 2013/09/10Posted by ブクログ

    大麻、それは麻薬だ。使う者の精神を壊し、肉体を蝕む・・・、というのは誤解だよーという本。 大麻は、嗜好品であり、アルコールやタバコよりも常習性が低いのだそうだ。 実際、アメリカでは大麻の合法化をした...

    続きを読む
  • 2013/08/20Posted by ブクログ

    はっきり言ってタイトルから怪しい響きで即購入した。もともと、大麻がなぜ規制されたのか非常に気になっていた。酒よりも健康に害がなく、 たばこよりも依存性が少ない。それでもって精神的浄化に役に立つのが大麻...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード