大学教授になる方法

著:鷲田小彌太

500円(税込)
ポイント 5pt

医者や弁護士と違い、大学教授になるのに資格はいらない。しかも「知的」な活動を行ない、その地位が特権的に保証されており、社会的評価も極めて高い。そんな職業に誰もが就けるとしたら…。本書はそれを実現するための最短のパスポート。偏差値50前後の人なら、方法さえ間違わなければ誰でもなれることを様々な実例で紹介。いままで誰も書かなかった異色の就職・転職ガイダンス。

続きを読む

レビュー

3.2
5
5
0
4
2
3
2
2
1
1
0
  • ネタバレ
    2013/08/24Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2013/03/16Posted by ブクログ

    初版が1995年なので、今から考えるとずいぶん古い本になるが、現在でも通用する内容が多いように私には思えた(それだけ業界が変化に乏しいのかもしれない。ただ、それは分野による)。非常に参考になる反面、と...

    続きを読む
  • 2011/12/02Posted by ブクログ

    この本をいつ購入したのか全く覚えていないが,今となってはこの本で書かれている制度はいくらか古くなっています。例えば,助教授は今は准教授になっていたり。真面目に書かれているけども,結局のところ,大学教員...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード