現役力 自分を知ることからすべては始まる

著:工藤公康

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「俺はできる人間だ」と自分の心をごまかしていないか? 「フォア・ザ・チーム」が逃げ口上に使われていないか? 「休んでいい」と言われるのをどこかで待っていないか? 限界を自分で勝手に決めてはいないか?――成功体験を捨てて、つねに新しいことに挑戦しなければ、第一線では生き残れない。特別なことは必要ないんだ。変わるきっかけはそこらじゅうに転がっているんだから。気づくか気づかないか、それが未来を分ける残酷な境界線……。限界を超えてはじめて到達できる「プロフェッショナル」の境地。プロ野球記録の実働28年目、現役最年長の45歳。それでもなお変化を恐れない強い気持ちは、どこから湧き上がってくるのか? 会社や組織ですらアテにならない難しい時代を生きる私たちに、みずからを活かすための指針を与えてくれる魂の1冊。自惚れない、でも、へこたれない。逆境にいてこそ、むしろギラギラと目を輝かせる男の生き様を見よ!

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    12
    5
    2
    4
    5
    3
    3
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/23Posted by ブクログ

      来年の現役続行も決まった工藤投手。1963年生まれで、46歳の最年長プロ野球選手である。才能だけで、ここまで野球を続けることは不可能である。その不可能を可能に変えた何かが、本書のテーマ。さすがに工藤投...

      続きを読む
    • 2015/04/20Posted by ブクログ

      2011年に引退した工藤選手の著書。

      長いこと現役の野球選手だったからこそ見てきたものがある。

      そして今後の野球への想いがある。

      どうして日本の部活は限られた青春という時間を、それしかやらないシ...

      続きを読む
    • 2014/09/03Posted by ブクログ

      元NPBプレイヤーの工藤公康選手の本。合理的・理論的なイメージが強かったけど、実は考え方や心理的な事を凄く重視し姿勢、生き方で選手生命が左右されると語。根性論も含まれているが一般にも参考になる事多し。

    開く

    セーフモード