上杉鷹山の経営学 危機を乗り切るリーダーの条件

著:童門冬二

459円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸中期、幕府への領地返上を考えるほどの財政危機に瀕していた米沢藩を、斬新な藩政改革と藩士の意識改革で見事に甦らせた上杉鷹山――希代の名藩主として誉れの高い鷹山とは、いったいどのような男だったのか? そして、その経営手腕とは? 故ジョン・F・ケネディをはじめ、多くの実力経営者やトップリーダーが、尊敬する人物として名を挙げる上杉鷹山の、組織と人間の管理術の要諦を探る。

    続きを読む

    レビュー

    4
    23
    5
    8
    4
    7
    3
    8
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/03Posted by ブクログ

      さくっと上杉鷹山を知るには最適かと思う。または復習するにも最適。でも、「小説 上杉鷹山」を読む時間が取れるなら、そっちの方がオススメ。
      やはり、最高に尊敬出来る日本人。こうありたい。

    • 2020/01/23Posted by ブクログ

      ケネディが尊敬する日本人とのことだが、恥ずかしながら名前くらいしか知らなかった。が、その生涯を通して現在のリーダーとしても十分に通用するエピソードが多数あり、むしろ日本での取り扱いの低さ(?)が不思議...

      続きを読む
    • 2019/05/05Posted by ブクログ

      『代表的日本人』を読んで、上杉鷹山に興味を持った。

      そして、上杉鷹山について書かれた本を探していて、この本にたどりついたが、ページ数も少なめで、意外とあっさり目な内容。

      折角読むなら、『小説 上杉...

      続きを読む
    開く

    セーフモード