ルポ 居所不明児童 ――消えた子どもたち

石川結貴

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    二〇一四年春、北関東で当時一七歳の少年による強盗殺人事件が起きた。少年は一一歳から学校に通えず、一家で各所を転々としながらホームレス生活をつづける「居所不明児童」だった…。虐待、貧困、家庭崩壊などが原因で、ある日突然行方がわからなくなる子どもたち。半世紀のあいだに、累計二万四〇〇〇人もの小中学生が学校や地域から「消えて」いる。なぜ子どもの所在が不明になるのか。どうして行政は無策なのか。子どもを救う有効な手立てはあるのか。社会問題化しつつある「消えた子ども」の実態を追う驚愕のレポート。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    15
    5
    2
    4
    8
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/08/21Posted by ブクログ

      383人。2014年の居所不明児童の人数である。1961年から2014年
      までの累計では約24,000人になる。

      神奈川県厚木市で白骨化した男児の遺体が発見された事件が
      あった。両親は離婚し、...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/01/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/07/05Posted by ブクログ

       親の育児放棄や虐待などのために、住民登録がなく就学せず所在も不明の「居所不明児童」の実態を追ったノンフィクション。全面にわたって著者の「もどかしさ」が伝わる。親の幼稚さや関係者の怠慢への批判は厳しい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード