すべての道はローマに通ず──ローマ人の物語[電子版]X

塩野七生

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    歴史上比類なき一大強国を築き上げ、数百年以上にわたり、維持・発展させたローマ帝国。その統治の基礎はどこにあったのか。帝国をすみずみまで繋いだ街道、橋、水道などのハードなインフラ、そして医療、教育などソフトなインフラまで、「インフラの父」と呼ばれたローマ人の最大の強みを解明したシリーズ番外編。 ※当電子版は単行本第X巻(新潮文庫第27、28巻)と同じ内容です。

    続きを読む
    • ローマ人の物語[電子版] 全 15 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ローマ人の物語[電子版] 全 15 巻

      22,319円(税込)
      223pt獲得

    レビュー

    4.2
    15
    5
    7
    4
    6
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/01/06Posted by ブクログ

      現代では約2,000年前のローマ人を『インフラの父』と呼んだりするらしい。

      そしてこの巻では、色んな本の中では地味であまり出てこない、『全ての道はローマに通ずる』の語源とも言える、『街道の建設』『上...

      続きを読む
    • 2008/11/09Posted by ブクログ

      第10巻はハードなインフラ(街道・橋・水道)とソフトなインフラ(医療・教育)、各地の遺跡の写真と地図など。
      「賢者は歴史に学び愚者は経験に学ぶ、歴史は知識だがそれに血を通わせるのは経験」
      「パレスチナ...

      続きを読む
    • 2009/10/28Posted by ブクログ

      「賢帝の世紀」でなんとなく気分も一段落してしまうのだけれど、塩野さんはここで一気に歴史を遡り、再び下りと行き来してローマ帝国を帝国たらしめたインフラを改めてまとめてくれる。他の巻と違って主人公は登場し...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001529937","price":"1210"}]

    セーフモード