ユリウス・カエサル ルビコン以前──ローマ人の物語[電子版]IV

塩野七生

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    前人未到の偉業と底知れぬ人間的魅力で、古代から現代まで人々を魅了してやまない英雄ユリウス・カエサル。ローマの共和政に幕を引き、偉大なる世界帝国への道筋をつけた天才はいかにして生まれ、長じたのか。ポンペイウス、クラッススとの三頭政治を経て執政官へ。さらなる野望を抱き、ガリアへと旅立つカエサルが見た夢とは何か。 ※当電子版は単行本第IV巻(新潮文庫第8、9、10巻)と同じ内容です。

    続きを読む
    • ローマ人の物語[電子版] 全 15 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ローマ人の物語[電子版] 全 15 巻

      22,319円(税込)
      223pt獲得

    レビュー

    4.3
    27
    5
    14
    4
    9
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/06Posted by ブクログ

      私は政治での駆け引きの方が好きらしい。
      ガリア戦役でのガリアとの攻防には、あまりときめかなかった。
      実際にカエサルはどのぐらいの時間で目の前に対する難題への解決策を思いついていたのだろうか。
      本だとほ...

      続きを読む
    • 2018/10/23Posted by ブクログ

      ローマ人の物語は、塩野ファンのみならず、どなたにもお勧めしたいシリーズ。この巻と次の巻で、この物語のクライマックスを迎えます。

    • 2018/10/01Posted by ブクログ

      ハンニバルは戦争のプロだが、カエサルは戦争と政治を操れたエリート。ルビコン前は ガリア戦記が中心

      カエサルは 借金、人妻好き、政略結婚と人物的には 評価しづらい。戦争と政治を使い分け、ポピュリズム、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード