黒猫亭雑記帳

ARUKU

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「先生、あの小説を書きました?」ある日、偶然手に取った小説「黒猫の庭」。そこには、自分と思しき主人公と男やもめのいかがわしき情交が赤裸々に綴られていた。助教授・英にそのことを訊ねたのをきっかけに、激しい情事が徐々に現実のものとなっていく…! 話題の気鋭が放つ純潔と官能が交差する短編集。単行本描き下ろしあり。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.4
5
5
3
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2014/01/07Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2013/09/15Posted by ブクログ

    短いストーリーが何編も。それぞれ心の奥に小さいけれど見逃せない波紋を起こすようないいストーリーだった。
    絵柄がちょっと好みでは・・・というか色々あるけれどw

  • 2012/05/16Posted by ブクログ

    すっかり大好きな作家さんになったARUKUさん。
    この本を読んで、長編より短編の方が好みかも…と思ったほど、どの作品も良かった。

    決して説明的ではないのに読後感が明瞭で濁りがなく、短さの中に物語を詰...

    続きを読む
開く

セーフモード