[新装版]論語の活学

安岡正篤

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    シリーズ70万部突破の「人間学講話」第三集。政財官界の指南役が記した「最高の教養書」が新装版で登場!【著者紹介】安岡正篤(やすおか・まさひろ)1898(明治31)年、大阪市生まれ。大阪府立四条畷中学、第一高等学校を経て、1922(大正11)年、東京帝国大学法学部政治学科卒業。東洋政治哲学・人物学を専攻。同年秋に東洋思想研究所、1927(昭和2)年に(財)金〓(けい)学院、1931(昭和6)年に日本農士学校を設立。東洋思想の研究と人物の育成に従事。戦後、1949(昭和24)年に師友会を設立。広く国民各層の啓発・教化につとめ1983(昭和58)年12月鬼籍に入る。

    続きを読む
    • [新装版]人間学講話 全 9 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      [新装版]人間学講話 全 9 巻

      14,630円(税込)
      146pt獲得

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/04Posted by ブクログ

      小宮さんの読書力養成講座の本で、論語よみたくなって、その本で紹介されてた本。
      論語というより、安岡節って言いたくなるほど、ばっさりばっさり切られてゆく感じ。
      それが、ふっと笑ってしまうほど、馴染んで、...

      続きを読む
    • 2017/07/23Posted by ブクログ

      読書家としては古典も、、、と書いていて少し気になった。読書家?読書家とは?ググってみると、色々出てきたが、Webのタイトルと数行見ただけで不毛だなと思い止める。
      まあ読書家でいいや。「読書家としては古...

      続きを読む
    • 2016/06/30Posted by ブクログ

      深い学識に裏付けられた講話は、読んでいて、どんどん引き込まれていきます。
      他の解釈、解説本とは一線を画します。
      論語読みの論語知らずのところの、「私など論語は子供の頃から呼んで、ほとんど空で覚えておる...

      続きを読む
    開く

    セーフモード