真実真正日記

町田康

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    我と我が嘘に疲れ果てた作家が誰にも見せないと決めて書いた本当のことだけを綴った日記。僕は作家だ。だが執筆中の小説はまったく進まない。たまには本当のことを書きたい。これはフィクションに疲れたマイナー作家の、ささやかな休暇としての日記だ。誰にも見せないのだから嘘は書かない。そういう意味で、僕はこの日記を真実真正日記と名づけよう。虚と実のあわいを絶妙に描き出す慟哭の記録。(講談社文庫)

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    14
    5
    3
    4
    7
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/05/16Posted by ブクログ

      2006年に刊行ということで今から約12年前の書籍ということになるが、妙にリンクしていて笑いどころとじっくり考え込むポイントとが混ざり合っていて良い。
      日記の体裁を以て描かれるマイナー作家「僕」の妙な...

      続きを読む
    • 2018/01/06Posted by ブクログ

       彼の作品を全て読んだわけではないが、今までに読んできた作品の中では一番面白かった。
       星五つはちょっと甘いかも知れないけど、四つ星半には辿り着いていると思う。
       いつもの町田節とはちょっと違う感...

      続きを読む
    • 2016/06/18Posted by ブクログ

      ”世間の人は本当のことを知りたがり、世の中には本当風のことが溢れている。でもそれらは全部嘘、単純なストーリーだ。人々は本当に本当のことは知りたがらない。なぜなら本当のことは疲れるし、本当の本当のことは...

      続きを読む
    開く

    セーフモード