赤い夢の迷宮

勇嶺薫

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    惨劇の同窓会の幕が開く――。ジュヴナイルミステリの第一人者が封印を解いた。ダークミステリ、衝撃作! 25年前、ぼくらは小学生だった。殺人鬼が出没する噂もあった街で、ぼくら7人は「やっておもしろいこと」を見せてくれる不思議な男OGの館に通った。地下室であれを見せられるまでは。OGからの招待状を受け取り、再会したぼくらは大人になっていた。7人を待ち受ける本物の惨劇。悪夢は始まっている。(講談社文庫)

    続きを読む

    レビュー

    2.9
    26
    5
    0
    4
    8
    3
    10
    2
    6
    1
    2
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/04/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/03/11Posted by ブクログ

      青い鳥文庫など小中学生向きの推理小説作家さんが、大人向けの推理小説を書いたらしく、ちょっとそういった感じがありましたが、読みやすくハマる物語でした。
      でも、最後の最後が少し意味不明でスッキリしなかった...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/08/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード