九州特急「ソニックにちりん」殺人事件

西村京太郎

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    官僚出身の元首相秘書が突如失踪した。その春から運行を開始した特急「ソニックにちりん」と阿蘇の風景写真が自宅から見つかったが、彼が九州へ旅行した形跡はない。事件の可能性があると見た十津川警部と亀井刑事は現地へ飛んだ。しかし巨大な政治的圧力が捜査の前に立ちはだかり……社会派ミステリーの傑作。(講談社文庫)

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/08/28Posted by ブクログ

      前に読んだ2冊は、刑事(元刑事)の疑いを晴らすような内容だったけど、今度は政治的な事情が絡むミステリーでした。
      といっても悪の組織と戦ったりするわけではない(笑)
      けど、政治的な要素を絡めるならもっと...

      続きを読む
    • 2012/01/02Posted by ブクログ

      回収できていない伏線は気になりましたが、ストーリー的にはかなりのおもしろさ。やはりこの人は、社会の黒いところをからめるのがうまい。

    • 2009/07/20Posted by ブクログ

      2009年7月19日

      大分でついつい衝動買い。
      内容はさらっとしてて、読みやすい。
      けどまぁ物足りないっちゃ物足りない。。

    セーフモード