『アリス・ミラー城』殺人事件

北山猛邦

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    鏡の向こうに足を踏み入れた途端、チェス盤のような空間に入り込む―― 『鏡の国のアリス』の世界を思わせる「アリス・ミラー城」。ここに集まった探偵たちが、チェスの駒のように次々と殺されていく。誰が、なぜ、どうやって? 全てが信じられなくなる恐怖を超えられるのは……。古典名作に挑むミステリ。(講談社文庫)

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/11/01Posted by ブクログ

      ミステリー好きのお友達に紹介してもらった一冊です。
      以前にクロック城を読んでいたのでとても期待していたのですが、期待以上の面白さでした!
      色々書きたいことはあるのですが、何を書いてもネタバレになってし...

      続きを読む
    • 2011/10/25Posted by ブクログ

      とにかく「してやられた」の一言に尽きる。
      少々の齟齬は吹き飛ばしてしまうほどの衝撃。
      結末を知ってから読み返せば、細かなヒントがたくさん鏤められていることに気づきます。
      ラストの切なさがまたいい。

    • 2008/12/06Posted by ブクログ

      これはずるい。読み終わった後興奮で部屋を飛び跳ね回った。最近実の詰まったミステリ読んでないと思う人は絶対読むべし。

    開く
    [{"item_id":"A001529651","price":"715"}]

    セーフモード