〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神

池田純一

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜイノベーションはシリコンバレーで起こるのか? IoT時代に入り、Googleはどんな未来を描いているか? 大望を語る起業家、それを後押しする若き投資家、そしてITの巨人Google、Amazon、Facebook…… 彼らの合い言葉は「Better World」「Better Future」。彼らを突き動かす力の源を解き明かす渾身の論考! (講談社現代新書)

    続きを読む

    レビュー

    4
    6
    5
    2
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      <目次>
      プロローグ
      第1章 ムーアの予言
      第2章 月を穿つ
      第3章 投資するビジョナリ
      第4章 待望を語る
      第5章 交歓するコマース
      第6章 鏡としての東海岸
      幕間 −西から東へ−
      第7章 ソーシャ...

      続きを読む
    • 2018/11/04Posted by ブクログ

      ・当初の意図通りに成長する起業などいない。出発点から手探りで進む。探索の連続である。当初描いていたものとは違ってもデスティネーションに辿り着ける
      ・70年代以降顕著になったファイナンスの数理工学化によ...

      続きを読む
    • 2016/02/13Posted by ブクログ

      突っ込みどころは満載と思うが、網羅的で、一つの叩き台としては面白いまとめと思う。あとがきで「未来」について、future の語源がラテン語であり、to be (成ろうとするもの)であるのに対し、日本語...

      続きを読む
    開く

    セーフモード