中高年ブラック派遣 人材派遣業界の闇

中沢彰吾

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    年収3000万円を豪語する人材派遣会社の20代社員が、自分の親世代の中高年を時給数百円の日雇い派遣で酷使。「ほんとにおまえは馬鹿だな」「中高年は汚いからダメ」「てめえみてえなじじい、いらねえから」……。いったい、これのどこが「労働者にとって有益な雇用形態」「特別なスキルを活かした熟練労働」なのか? 規制緩和の弊害と歪んだ労働市場の現実……。労働者をモノ扱いする政府・厚労省の欺瞞を暴く! (講談社現代新書)

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    12
    5
    1
    4
    7
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/12Posted by ブクログ

      自身の体験に基づく、2015年の派遣事情をまとめた本。主に中高年をターゲットに、信じられないを通り越して、仕事するのが嫌になってしまうような事例が満載。やるせないのは、欧米諸国はしっかりと人権が保護さ...

      続きを読む
    • 2017/01/09Posted by ブクログ

      MBS毎日放送の元社員が介護のため退職、非正規雇用労働者となった際の体験談。記者風の記述で、読みやすい。

    • 2016/09/24Posted by ブクログ

      経費節減、特に、人件費カットを望む経営者側の労働行政の迷走が続く、一応先進国日本。ヨーロッパの先進国ではあり得ないような人材派遣という名の「人間キャッチボール」が行われている。
      強制力のない労働者保護...

      続きを読む
    開く

    セーフモード