地図入門

今尾恵介

1,595円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    地図とは地形や道路、建物などの現実を記号化すること。そのためには、さまざまな省略があります。地図の制作者はどのように現実を記号化するのでしょうか。「総描」「転位」とはどのような作業なのか? また、基準を決めるのも重要です。たとえば、海抜0メートルの決め方とは? 地形図と海図の基準の違いとは? 日本の近代以降の地図を中心に、読み方から楽しみ方まで紹介する入門書の登場です。(講談社選書メチエ)

    続きを読む

    レビュー

    5
    2
    5
    2
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/10/29Posted by ブクログ

      【目次】
      まえがき(今尾恵介) [003-008]
      目次 [009-012]

      第1章 地図とは何か――地形図、土地条件図、住宅地図、海図 013
      地図の種類――羅図と主題図/地形図――風景の見える地...

      続きを読む
    • 2016/04/28Posted by ブクログ

      良書。イメージで土地を語ることのないように、という筆者の思いが強く伝わってきて、思いのほかメッセージ性が高い本だった。地形図の変遷や、具体的な場所を挙げての読み解きも面白い。初心者のみならず、中級者く...

      続きを読む
    • 2015/05/26Posted by ブクログ

      主に東京の地図に興味あるのだが、今後それをもっと深く読み取るのに大変参考になったと思う。地図から窺える地質・歴史・気候・変遷・地名に隠された土地の特徴…。こんなに情報量があるとは。そして日本国内だけで...

      続きを読む

    セーフモード