倫敦千夜一夜物語 ふたりの城の夢のまた夢

久賀理世/sime

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    19世紀末・英国。兄アルフレッドとともに貸本屋《千夜一夜》を営むサラの毎日は、ささやかな謎に満ちている。消える蔵書票。店の片隅でひとり涙する少年。そして兄の旧友ヴィクターとともにでかけたピクニックで若い女性の遺体を発見したサラは、やがてロンドンを騒がせる連続殺人事件に深く関わることになり!? 名作文学が鍵を握る、ヴィクトリアン・ミステリー!!

    続きを読む
    • 倫敦千夜一夜物語 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      倫敦千夜一夜物語 全 2 巻

      1,210円(税込)
      12pt獲得

    レビュー

    3.8
    7
    5
    1
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/12Posted by ブクログ

      今までの話に貼られていた伏線が最終話で結びついて、新たな謎が・・・、グリフォンて?アルフレッド達の叔父との関係は?カイルはなぜサラの顔を知ってたの?アルフレッドとサラの本当の関係は?このままではヴィク...

      続きを読む
    • 2020/02/05Posted by ブクログ

      19世紀ロンドンを舞台にした書籍ミステリーの2巻目。

      前巻では謎と書籍の内容がリンクしていてこれは文学少女的だなあと思ってたんだけど、今巻はお話の内容よりも書籍自体に関わる謎が多くて、ビブリア古書堂...

      続きを読む
    • 2020/01/22Posted by ブクログ

      貸本屋を兄と一緒に営むサラ。そんなサラが兄やヴィクターと共に解き明かす、本にまつわる小さな謎が楽しかった。優しい気持ちになれる「答え」が見つかることも多かったし。それに、読んでいるとサラが本好きなのが...

      続きを読む
    開く

    セーフモード