発送電分離の政治経済学―世界の電力セクター改革からの教訓

著:長山浩章

6,435円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。高橋亀吉賞受賞論文を大幅加筆! 東電解体・原発廃止の是非、発送配電の分離、新エネルギーの開発・導入など日本人が知りたいテーマを世界の電力セクター改革の教訓をベースに解説。

    続きを読む

    レビュー

    1
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2013/05/01Posted by ブクログ

       筆者は、「発送電分離は必ず実施すべき」、という立場から、海外の電力改革の経緯を丁寧に調べたうえで、発送電分離メリットありというデータを引っ張り出して、改革案を提示している。
      ここまでの調査結果は、評...

      続きを読む

    セーフモード