流れを経営する―持続的イノベーション企業の動態理論

著:野中郁次郎 著:遠山亮子 著:平田透

3,168円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界的に知られる『知識創造企業』の著者による書き下ろしの経営論。「変化する状態」(プロセス)をキーワードに、これからの日本企業のあり方について説く。

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    8
    5
    4
    4
    4
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/03Posted by ブクログ

      かなり抽象化された議論が哲学などの知見を交えて展開される前半は好き嫌いが分かれるところだろう。個人的にはハッとさせられるところが多々あり、脳そのものが鍛えられる感覚だった。
      誰にでもおすすめできる、と...

      続きを読む
    • 2017/06/11Posted by ブクログ

      こんな本を書きたいな、
      そう思わせてくれる重厚な研究と思考が読み取れる。
      2016年マイベストの一冊。
      ただ、理解しきれてないのでもっと読み込もうと思う。

    • 2015/06/07Posted by ブクログ

      継続的かつ組織的な知識の創造こそが持続的なイノベーションにつながるとして「知識創造理論」を提唱する著者の集大成的な一冊。
      客観的分析に基づく科学的・合理的アプローチによる意図的戦略論に対するアンチテー...

      続きを読む
    開く

    セーフモード