ぼくらの新・国富論

並木裕太/ワイアード編集部

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界を驚かす企業を、どうやったら日本は生み出せるだろう? 21世紀のすべての企業には“ヴェンチャー精神”が必要だ。本書は、コンサル界の風雲児・並木裕太と、未来を拓くイノヴェイションメディア「WIRED」のコラボで贈る、次世代ビジネスマン・起業家必携の「スタートアップの教科書」である。 オープン化、ネットワーク化が進む現在、イノヴェイションは私たち一人ひとり、誰もが起こしうる。日本の停滞を打ち破るために、いまこそヴェンチャームーヴメントが必要なのだ。 ヴェンチャー育成の土壌があるシリコンヴァレーからの報告、再生のためにヴェンチャーと協業しようとする日本航空社長へのインタビュー、9人の若きヴェンチャーへのインタビューなど具体的な事例を豊富に紹介しながら、日本でどのようにヴェンチャーを勃興させていけるかを熱く論じる。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    11
    5
    6
    4
    3
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/09/22Posted by ブクログ

      この本で紹介された起業家の10年後はどうなっているのだろうか。
      最後のページにビルゲイツとスティーブジョブズの若かりしころの写真があった。ジョブズイケメン。

    • 2015/06/09Posted by ブクログ

      行動力大切だね。日本の中の「マフィア」は茶番すぎて笑える。ぶち抜こう。ただのコピー野郎どもめ。日本には日本の優位性があるようです。あと、ちゃんとリスクは自分でヘッジしましょう。

    • 2015/02/22Posted by ブクログ

      スゴく理解しやすい文章なのに、スゴく触発される本。起業を一つの切り口として、ビジネスのいろんな局面で成功している人、情熱を持っている人とのインタビューが載っています。こういう人たちの考え方は触れるだけ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード