僕らが元気で長く生きるのに本当はそんなにお金はかからない

武内和久/山本雄士

1,408円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    皆が元気で長く生きられる持続可能社会は、こうすれば十分可能だ!世界一のスピードで、高齢化の進む日本。その中で、増大する一方の高齢者の医療費負担が国家の財政と国民の家計を圧迫している。一方で、医療の進化にも目を見張るものがあり、病気になる前の健康のケアもかなり部分が可能になっている。ところが、現状の仕組みの中では、それが活かされない。それを活かすことによって、いまよりずっと少ないコストで、今よりずっと病人を減らすことができるのに。東京大医学部ならびにハーバードビジネススクールでPh.D取得の著者と、東京大学法学部卒業後、厚生労働省に入省。現在は、マッキンゼーに籍を置く著者の共著による本書は、こうした日本の医療の現状をわかりやすく率直に示すとともに、社会からも個人からも医療費の負担を減らし、かつ健康の増進を図ることが十分に可能であることと、それを実現するための具体的な提言を、医学的知識と制度への理解、さらにはマネジメントの知見をあわせて、医療関係者はもちろん、患者である一般の人々一人ひとりにあつく語りかけている。

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    8
    5
    0
    4
    3
    3
    3
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/09/15Posted by ブクログ

      超高齢社会を迎え、破綻しつつある医療制度を維持していくためには、予防の重視をはじめ、さまざまな角度からの改革が必要であることことを論じた本。

      いろんな論点がうまくまとめられており、好著だと思う。

      ...

      続きを読む
    • 2017/06/13Posted by ブクログ

      医療系の改革に興味のある人向け。

      国費に占める保険費の割合は右肩上がりであり、若年層の人口減少という事実からも改革が急務である。しかし、現在の医療制度は「トラブルシューティング型医療」である事から病...

      続きを読む
    • 2016/05/30Posted by ブクログ

      中の人は保健医療2035のメンバーなのです。
      大臣発議っぽいですよ。
      保健医療2035や、本の中にも、内容に新しさはないですね。まぁでも、これを国レベルで提言するというのに意味があるのかもしれません。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード