FIRST LOVE STORY

ディスカヴァー

385円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    読者から寄せられた“せつない恋の一行詩”を美しい写真やイラストとともにつづる、「I miss you…」。本書は、これまでの投稿作品の中から、十代の方から寄せられた作品を厳選・再構成して、ひとつの恋物語のように仕立てあげました。今まさに青春のただ中にいる方、そして、初恋ときいて胸が少しキュンとなる、かつて十代だった方、それぞれに読んでいただきたい一冊。今まさに、恋で胸を焦がしているあなたに。そして、初恋なんて遠い過去のように思える、かつて十代だったあなたにも。「休み時間、あなたがわたしの椅子に座るたび、ドキ×2 してる。」「地図で見ました、あなたが行く高校。あまりにも遠すぎて、泣いてしまいました。」

    続きを読む

    レビュー

    5
    3
    5
    3
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/10/29Posted by ブクログ

      2012/10/29読了

      ""恋してた。わたしだけが 恋してた。""

      …。

      胸がえぐられるような気持ちになりました。
      共感できる部分が多くて、というか、共感できる部分しかなくて
      途中で耐え切れな...

      続きを読む
    • 2007/02/20Posted by ブクログ

      どうして好きになると話せなくなっちゃうんだろう。
      追いかけた背中、言えなかった想い。
      今まさに、胸を焦がしているあなたに。そして、初恋なんて遠い過去のように思えるあなたにも。

    • 2005/01/08Posted by ブクログ

      恋してるときはこーゆうの読みたくなるっていうwだから今読むと非常にかゆくなるんですけどね。恋してる人にはいいかと。すごい好きなフレーズがあるのね。「恋してた わたしだけが恋してた」これ最強。あの、ぴっ...

      続きを読む

    セーフモード