「相続税、私が払うの?!」とあわてる前に子どもがやるべき相続準備の本

五十嵐明彦

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【子どもが読む相続対策の本】2015年1月、法律が変わります!法律改正により、相続税の課税対象は、新たに600万世帯増えると言われています。つまり、これまで相続税とは縁のなかったみなさんにも、相続税対策が必要な時代がやってきたというわけです。「相続税対策」とは、そのほとんどが親が生きている間にしかできない対策です。つまり親が亡くなったあとでは「もう遅い」ということです。これには10年以上かけてコツコツと積み重ねていく対策や、時間をかければかけるほどトクをする対策もあります。したがって一日でも早く対策をはじめる必要があるのです。相続税は原則として10カ月以内に現金払いが鉄則です。現金でこれが払えなければ、財産や土地の差し押さえ、最悪の場合「破産」もありえます。もしものときにあわてないよう、法律改正のこのときに、まずやるべきことを知るためにも、ぜひ本書をお読みください。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/05/09Posted by ブクログ

      贈与税、相続税の違い、遺言を書くことが残された人の負担を如何に軽くするのかがよく分かった。
      子供目線で書いているのであれば、どうすれば気分を悪くすることなく遺言を書いてもらえるのかのヒントが欲しかった...

      続きを読む
    • 2018/03/14Posted by ブクログ

      気づき3ポイント
      ・相続は税理士への相談が必須なこと

      ・親が元気なうちに腹を割って相続について話し合っておかないと、大きな後悔を生む可能性があること

      ・税金対策の有無で数百万円、数千万円の差が出て...

      続きを読む
    • 2014/12/16Posted by ブクログ

      相続の要点が分かりやすく書いてあり、時間あたりに身につく知識は多い。避けて通れない事だが、この本を読むと親と素直に話してみようかという気にさせられる。

    セーフモード