経理以外の人のための 日本一やさしくて使える会計の本

久保憂希也

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    どうすれば会社の利益を最大化することができるかについての正しい感覚がもてているかどうか――実際の仕事のうえで重要なのは、この「会計感覚」です。貸方や借方といった面倒な言葉を知っていても、それを会社の目標達成のために生かせていないのだとしたら、なんの意味もありません。本書には、一般のビジネスマンにとって、ほんとうに必要なことしか書いてありません。でも、自然に会計感覚が身につくように、ストーリー仕立ても交えながら、丁寧にお話ししていきます。これまで多くの会計本を読んだけれど挫折した……というあなたにも、きっと「そういうことだったのか!」と、目からウロコの感覚を持っていただけることでしょう。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    42
    5
    9
    4
    20
    3
    10
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2020/04/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/03/21Posted by ブクログ

      コーポレートファイナンスの勉強をきちんとしたくて、ベースとなる会計について本を読んでいる。
      書名の通り、基礎的、基本的なことしか書いていないが、説明の仕方、表現が良い。本当に分かりやすい。

    • 2020/02/07Posted by ブクログ

      父の自殺…がもたらした、タイトル過剰でない本当にわかりやすい会計入門書!

      以下、ちとネタバレあり





      建築の世界でバブルを謳歌していた著者の父親が、「経営」に関する知見がないが故に、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード