急成長企業を襲う7つの罠

水谷健彦

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『社長失格』著者 板倉雄一郎氏推薦!“失敗の当事者でなければわからない罠はまだまだある。しかし、本書に書かれていることくらいは知っておかなければ、その土俵にすら上がれないだろう“仕事の意義を見失う社員、優秀すぎる新入社員をコントロールできない中間管理職、有名企業出身の中途社員の早期離職、決断できない若手リーダー……これらの、好調な業績・高揚感の影で鳴り響く不協和音を放置すると、成長の停滞、業績の下降を招きます。リンクアンドモチベーション取締役として同社の急成長(創業から8年での上場、13年で従業員1300人まで成長)を目の当たりにし、多くのクライアント企業の組織コンサルティングを手がけてきた著者が語る、ベンチャー企業関係者必読の書。<7つの罠>1 拡大の熱量に依存する2 頭の切れすぎる部下のマジック3 中間管理職の評価を見誤る4 ブランドとスペック重視の盲目採用5 戦略遂行を阻む心理的バイアス6 若手社員を惑わすテクニカルスキルの幻想7 リーダー育成を遅らせる形骸化した権限委譲<あの企業はこうして乗り越えた!実例付き>・株式会社ネクスト・株式会社サイバーエージェント・面白法人カヤック・ビルコム株式会社・株式会社ファインドスター・株式会社Speee・株式会社ビスリーチ

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    4
    5
    0
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/02/20Posted by ブクログ

      スタートアップベンチャーが大きくなって来た時に陥りやすいジレンマや罠について書いた本です。
      ここを乗り越えられればまた1つ企業の成長につながるのでしょうが、
      目の前のことをこなしていくのに精一杯だった...

      続きを読む
    • 2015/01/04Posted by ブクログ

      急成長企業を襲う罠だがそういった企業でなくとも十分に参考になる。歴史が長い中小企業が成長して行く際にも当てはまりそうな罠だと思います。

    • 2014/12/28Posted by ブクログ

      組織での不協和を実際起こり、打破した企業の事例を交えて説明している。時々見返して先回りした対応が可能になると思った。特に若者がモチベーションを落とす理由の「どこでも通用する人材」にここではなれないので...

      続きを読む
    開く

    セーフモード