基本は誰も教えてくれない日本人のための世界のビジネスルール

青木恵子

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界の人の「仕事のルール」知っていますか?たとえば、「ワイシャツの下に下着はつけない」「会食時はオナラOK、ゲップNG」「名刺は机に並べない」「ビジネス交渉は必ず値切る」「交渉は3~5割増し(引き)から」「郵便番号で家を選ぶ」「「給与額は働いてみてから決めてください」はダメ」「絶対謝らない。言い訳をする」「ホームパーティーの手土産は、「花」か「ワイン」か「チョ・コレート」」「履歴書には写真を貼らない」「接待でも女性は男性にお酒を注がない」「いつもメイクを怠らずチャンスに備える(女性)」「行きはヒール、オフィスでサンダルは×(女性)」「会社帰りのパーティの前は、ジムでシャワーと着替えが普通」「薄毛になったらスキンヘッド」「クビになったら転職のときチャンス!?」「女性の「かわいい」は戦力外」「ビジネスはすべて「ギブ&テイク」同じ仕事をするなら、そろそろ世界ルールで働きませんか? アメリカをはじめ世界で活躍する「ベニハナ・オブ・トーキョー」CEOである著者が、5年かかって手に入れた、教科書に載らない世界のビジネスルールを、たった3時間で読める1冊にまとめました。ビジネスの基本は案外誰も教えてくれないもの。ぜひ本書で世界のどこでも恥をかかない「仕事の基本」を身につけてください。

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    4
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/04/13Posted by ブクログ

      --ほとんどのビジネスは 、同じステ ージにいる人間同士のコミュニティの中からしか生まれません 。--


      この言葉は、この著者から放たれるとずしんと響きます。
      テレビ番組で出演されていて、かっこ良か...

      続きを読む
    • 2015/10/12Posted by ブクログ

      アメリカの慣習はよくわかった。しかしながら、ふーんそんなもんか、程度にしか響かなかった。残念ながら私にはあまり役に立たないかも。

    • ネタバレ
      2015/08/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード