キーメッセージのつくり方

高橋宣行

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「想い」すなわち「志」「夢」「アイディア」等を、「ビジョン」「ミッション」「コアバリュー」「コンセプト」「キャッチフレーズ」等に変えるには?言葉が、ビジネスの鍵を握っています。人がいて、目標があり、創造があり、行動があり、それを何で表すかといえば言葉です。そして言葉をとおして人が動きます。経営活動の真ん中に、マーケティングの真ん中に、戦略の真ん中に、核となる言葉が存在します。そうした一行の言葉をどうつくるか。豊富な事例を読むことで見えてきます。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    5
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/18Posted by ブクログ

      「水と生きるサントリー」、「一瞬も一生も美しく」のような、あの時頭にこびりついて離れなかった言葉は、あの人を想うあたたかな心からだった。
      誰かに届けたいという想いがあって、それを届くように言葉にする。...

      続きを読む
    • 2018/12/29Posted by ブクログ

      恥ずかしながら今まで勘違いしていた。キャッチコピーは顧客に響かせるためのテクニックぐらいに考えていた。そこに思いや深い考えがないと人の心には響かない。
      価値共創とかブランディングとか絶対価値…のような...

      続きを読む
    • 2016/03/12Posted by ブクログ

      あらゆるビジネス活動の「思想」と「行動」のキーとなる、キーメッセージを戦略的に使う。

      企業の問題を解決しようと思ったら論理、理屈ではなく、よい理念やビジョンを1人1人につないでいくコミュニケーション

    開く

    セーフモード