親子で読む ケータイ依存脱出法

磯村毅

1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ネット依存(予備軍含む)の中高生、52万人!「うちの子に限って……」は通用しない! 中高生の「ネット依存」「スマホ中毒」「LINE依存」が、成績低下、引きこもり、家庭内暴力、犯罪などを引き起こしていることが社会問題になりつつあります。 LINEが気になって3日間寝なかった子、食事しながらでもケータイを見ずにはいられない子・・・夜間は児童・生徒によるスマホやケータイの使用を禁止する自治体もあらわれました。 うちの子に限ってケータイ依存なんて・・・とは言い切れなくなってきているのが現実です。わが子がケータイ依存にならないために、親としてできることは何なのでしょうか。 本書は、親子で読みながら、依存症の有害性にとどまらず、脳科学から見たハマってしまうカラクリ、子どもの成長とデジタルツールの関係、あるいは、依存症の予防や回復へのヒントについて考える一冊です。 特に、「みんなケータイ持っているからケータイ欲しい、と言われて困っている」「いつもLINEばっかりやっていて、どうやめさせたらいいかわからない」「自分が学生のときはケータイがなかったから、どう対処していいかわからない」と悩む保護者の方々、学校の先生に読んでいただきたい本です。

    続きを読む

    レビュー

    4.4
    5
    5
    2
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/24Posted by ブクログ

      ネットやゲームのやりすぎから日常生活に支障をきたし始めた子どもたちとの面談から始まり、ネットについてのさまざまな考え方とそれぞれの解説、リスクなどが具体的に紹介されています。

      2014年に出版された...

      続きを読む
    • 2015/10/30Posted by ブクログ

      気になっている人は読むべき。
      ぱらぱら読んでいると内容は薄そうに感じるかもしれないが、それはわかりやすく伝えるための工夫。
      ノウハウの集積であり、親が失敗しないための転ばぬ先の杖。
      半信半疑でも興味を...

      続きを読む
    • 2014/12/17Posted by ブクログ

      私はまだ子供はいませんが、正直、ケータイ依存気味の傾向があるのでいつか子供が出来たらどうしたらいいのかと不安になることがしばしばあります。
      この本にはそれの解決方法の一つがとても優しく解説されていまし...

      続きを読む
    開く

    セーフモード