一冊からもっと学べる エモーショナル・リーディングのすすめ

矢島雅弘

1,123円(税込)
ポイント 11pt

●小説は楽しめても、ビジネス書を楽しめないのはなぜか?●読まされている読書では「もったいない」●対話を意識すると、読書は変わる●基本は「賞賛」「ツッコミ」「共感」●どんな「感情」をメモすればいいか?●人に伝える「アウトプット」が一冊の理解を深める●自分よりレベルが上の読者の着眼点を盗んでみよう人気ブックナビゲーターが教える、ビジネス書を10倍楽しく読む技術!「話題となったビジネス書を買ったはいいが、本棚の肥やしになっている」「『どのビジネス書も、言っていることは同じ』と考えてしまう」「読んでも、結局身につかない気がする」……そんなふうに、ビジネス書にネガティブなイメージを持っている人は少なくないようです。そうした“ビジネス書疲れ”が起こるのは、速読や多読にこだわっているうちに、「学ぶ楽しみ」を忘れ、与えられた情報を受け取るばかりの「受け身型」読書になってしまっているからではないでしょうか。“ビジネス書疲れ”から抜け出て、「学ぶ楽しみ」を取り戻すにはどうすればいいか。そこで著者が提唱する読書法が「エモーショナル・リーディング」です。エモーショナル・リーディングのポイントは、著者と「対話」するように読むこと、そこで芽生えた疑問や好奇心といった「感情」をアウトプットすること。そうして「対話」と「感情」を意識すれば、受け身一方の読書ではなく、本から受けた刺激によって自ら考える、能動的な読書ができるようになります。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード