一冊からもっと学べる エモーショナル・リーディングのすすめ

矢島雅弘

1,144円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ●小説は楽しめても、ビジネス書を楽しめないのはなぜか?●読まされている読書では「もったいない」●対話を意識すると、読書は変わる●基本は「賞賛」「ツッコミ」「共感」●どんな「感情」をメモすればいいか?●人に伝える「アウトプット」が一冊の理解を深める●自分よりレベルが上の読者の着眼点を盗んでみよう人気ブックナビゲーターが教える、ビジネス書を10倍楽しく読む技術!「話題となったビジネス書を買ったはいいが、本棚の肥やしになっている」「『どのビジネス書も、言っていることは同じ』と考えてしまう」「読んでも、結局身につかない気がする」……そんなふうに、ビジネス書にネガティブなイメージを持っている人は少なくないようです。そうした“ビジネス書疲れ”が起こるのは、速読や多読にこだわっているうちに、「学ぶ楽しみ」を忘れ、与えられた情報を受け取るばかりの「受け身型」読書になってしまっているからではないでしょうか。“ビジネス書疲れ”から抜け出て、「学ぶ楽しみ」を取り戻すにはどうすればいいか。そこで著者が提唱する読書法が「エモーショナル・リーディング」です。エモーショナル・リーディングのポイントは、著者と「対話」するように読むこと、そこで芽生えた疑問や好奇心といった「感情」をアウトプットすること。そうして「対話」と「感情」を意識すれば、受け身一方の読書ではなく、本から受けた刺激によって自ら考える、能動的な読書ができるようになります。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    9
    5
    2
    4
    3
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/29Posted by ブクログ

      「著者と対話」を楽しむのが読書の王道とよく言われます。
      たしかに対話を意識して読むと「能動的かつ肯定的な姿勢」で読めるんですよね。

      「肯定的な感情で本と向き合いポジティブな感情で著者のメッセージを受...

      続きを読む
    • 2019/12/15Posted by ブクログ

      本から得た知識や情報は、無機的に覚えていこうとするよりも、感情を伴ったほうが忘れにくくなる

      読書は著者との対話なので感情を出しながら読むのがエモーショナルリーディング

      後から思い出すときも人に説明...

      続きを読む
    • 2018/11/12Posted by ブクログ

      ビジネス書を読んでもなかなか身につかないことが悩みで、このブログにアップするのも本の内容を記憶にとどめ、身につけることが目的でやっている。ただどうしても手段が目的化する傾向にある。

      本書のポイントは...

      続きを読む
    開く

    セーフモード