生きる。死ぬ。

玄侑宗久/土橋重隆

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「現代人は死を恐れすぎている」と語る、禅僧にして芥川賞作家・玄侑宗久と「ガンは闘おうとすると治らない」と語る、先端医療の第一人者である外科医・土橋重隆による、生と死をめぐる異色の対談が実現!長年ガン患者の治療に携わってきた土橋氏の「患者さんの生き方・考え方が変わると末期ガンでも治ることがある」という言葉に、多くの檀家の死と向き合ってきた玄侑氏も大いに共感する。医と禅の第一人者が、常識のもろさ・危うさ、もっと自分らしく自由に生きる術について語り合う。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/08/13Posted by ブクログ

      今は健康だから必要に迫られていないが、すんなりと言葉が入ってきた。面白かったか、楽しかったか?含蓄のある閻魔様の問いかけ。

    • 2014/10/12Posted by ブクログ

      前提となっている事柄を疑う姿勢が大事。がんを敵対するものとしてみなすのではなく、がんも味方かもしれないという見方も考え、排除から共生への視点。ひさびさに面白い本で夢中になって読んでしまった。
      対談のラ...

      続きを読む
    • 2014/04/28Posted by ブクログ

      ガンは人間にとって体をむしばんでいくものだ、という常識を疑う前提で話が進んでいて、いい本やなあと思いながら読む。
      人間を全体で見たときに、病気の部分を排除して、それで問題なし、とする態度には、自分もす...

      続きを読む

    セーフモード