IT社会事件簿

矢野直明

1,496円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    インターネットの本格普及から20年。ドクター・キリコ事件、サイトをめぐる集団自殺事件、ウィニーによる情報漏洩と開発者の逮捕、秋葉原無差別大量殺人、尖閣諸島沖衝突事件映像流出、サイバー攻撃とアノニマス、米国政府によるインターネット諜報活動暴露などなど。ITが進化したからこそ、引き起こされたさまざまな事件事故、その真相を追う!

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/06/21Posted by ブクログ

      IT、主にインターネットがらみの犯罪を中心に、当時の状況を振り返りつつ、現代にむけた考察等が書かれています。

      個々の事件は、まぁ振り返りとして。
      最終章の IT リテラシー周りの話が、最低限こういう...

      続きを読む
    • 2014/05/12Posted by ブクログ

      サイバーリテラシ研究所代表の矢野氏の著書。

      発売したての時期に買ったのに、積んでいて本日読了。
      どれもこれも有名なIT事件(一部微妙)について、おさらいが出来た。
      この一冊でインターネットが普及して...

      続きを読む

    セーフモード