Ai 愛なんて 大っ嫌い

冨永愛

1,232円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幼児期のたったひとつの父親の思い出から、奔放な母親に翻弄された幼少期、身長がゆえにいじめられた思春期、荒れた反抗期のなかで見つけたモデルへの道。アジア人への偏見の中、怒りだけをバネにのし上がっていった二十代。恋愛、結婚、出産、離婚。引退宣言と母としての葛藤……。Aiとは、LOVEの愛であり、冨永愛のAiであり、英語のI=「わたし」のAi。すなわちこれは、2000年代、世界のランウェイを闊歩したトップモデル、冨永愛がはじめて語る、愛と自分自身を探し続けた半生の物語であると同時に、すべての女性に共通する、「わたし」を探し、居場所を求める、心の叫びの記録でもある。32歳の今、衣装を脱ぎ、鎧を脱ぎ、メイクを脱ぎ、家族の絆を取り戻し、自分自身を取り戻し、彼女が出会った「本当のわたし」とは?読むうちに、誰もが、自分と同じ「冨永愛」に涙し、彼女とともに「わたし」に出会い、「愛」に気づき、そして、「再生」していくことになるだろう。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    10
    5
    1
    4
    4
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/24Posted by ブクログ

      あの成功の原動力がマイナスの力だとしたら、物凄い熱量の負の感情だ。

      ファッション業界を俯瞰してみることのできる冷静さや、息子ともがきながら向き合う姿。

      本自体は、すぐに読めるくらいのボリュームなの...

      続きを読む
    • 2020/01/11Posted by ブクログ

      表紙の写真。
      すごい怖い。

      ファッション業界に感じる違和感とかも、至極真っ当。
      真っ直ぐで一所懸命な女性であって、真摯に生きているんだな、と感じた。
      9歳の息子さんと、毎朝5時半から坂道ダッシュとシ...

      続きを読む
    • 2019/03/20Posted by ブクログ

      初耳学内のパリコレ学で愛さんの言葉がとてもよかったため、著書を読めばその源泉がわかるのかなと。

      周りに対するくそったれ!みたいな感情をヒシヒシ感じた。
      初めて海外のコレクションでいくつもオーディショ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード