9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学

著者:大江千里

1,870円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    これはまるで“のだめ”だ(笑)――二ノ宮知子(漫画家)帯文より。今までのキャリアをすべて捨て、47歳の時に愛犬と一緒にNYの音楽大学・ニュースクールへ留学する。20代のクラスメイトに「ジャズができていない」と言われ、がむしゃらに練習すれば肩を壊し、自信喪失する日々が続く。しかし、ジャズレジェンドに触れ、仲間たちに励まされ、ジャズの、音楽の喜びを手に入れていく。ポップミュージシャンからジャズピアニストへ。勇気と努力の心ゆさぶられるリアルストーリー。電子版はカラースナップ113点を収録。目次■9th Note憂鬱のはじまり。痛み分けはジャズの味ジャズ学校の異邦人ジャズに焦りは禁じ手か?ジャズをひと休み。陽はまた昇る秋学期よ、こんにちは双子のフェニックス 二ューヨークにいる亀キンモクセイの咲く頃に 上 キンモクセイの咲く頃に 下 長いトンネルを抜けて9番目の音に誘われて■13th Noteそれは憂鬱などではなく…スモールワールドとモーニング息子。ホームタウンと20ドルサンドイッチとビバップハイジの国から来た男。6つの種から始まったリユニオン。再会を夢見て帰り道はいつも寄り道Stage Fright(舞台恐怖症)未来を箇条書きにしてみると宿題引き受け株式会社データ&インデックス 大江千里■1960年9月6日大阪生まれ。1983年、シングソングライターとしてデビュー。2008年、渡米。NYの音楽大学ニュースクール卒業後、オリジナルジャズアルバム3枚をリリース。現在は米国内を中心に積極的なライブ活動を展開中。

    続きを読む

    レビュー

    4.6
    8
    5
    5
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/22Posted by ブクログ

       申し訳ないと感じるくらい、この本を手に取るのが遅かった。スラッピージョーシリーズは、繰り返し聞きながら、なぜJazzなのか? そんな思いはずっと無かった。そうだったのか。青春期ではないことにも感動、...

      続きを読む
    • 2018/12/09Posted by ブクログ

      47歳で今までの音楽活動を中止し、アメリカのジャズ大学に入学。
      大江千里さんがそんな思い切ったキャリア転換をしておられたとは、まったく知らなかった。

      すごいなぁ。そんなこと普通できないよ。

      本書で...

      続きを読む
    • 2018/11/21Posted by ブクログ

      「思い立ったら吉日」とは言うものの中年になると新しいことをはじめること自体が億劫になるのに、相当なキャリアを捨ててしかも外国へ行って1から学びなおすなんてすごすぎる!カッコよすぎー
      そして時折出てくる...

      続きを読む
    開く

    セーフモード