男がつらいよ

著者:田中俊之

1,100円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    男たるもの正社員として働き、結婚して、子どもをもち、さらにはイクメンになることが求められており、男性の役割・プレッシャーが大きくなっている。男性学という今注目分野でトップを走る著者が現実を切っていく。【目次】第1章 男性はなぜ問題を抱えてしまうのか第2章 仕事がつらい第3章 結婚がつらい第4章 価値観の違いがつらい第5章 これからの時代をどう生きるか

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    10
    5
    1
    4
    3
    3
    4
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/11/03Posted by ブクログ

       なぜ現代の男性はつらいのか。

       仕事や家庭に男には果たすべき責任らしきものが伴うが社会の変化と共にそれを達成するのは容易ではなくなっている。社会的なプレッシャーの為か、負けず嫌い、弱みを見せない風...

      続きを読む
    • 2019/09/27Posted by ブクログ

      内容はうすい。だけど、問題提起したことは大きい。

      中学生の時にクラスの男子から「女子は背負うものがなくていいよな。」と言われたショックを思い出した。
      かれこれ20年。時代は変わっただろうか。

      20...

      続きを読む
    • 2018/11/23Posted by ブクログ

      皆に強く読んで欲しい一冊です。これを多くの人が意識できれば、きっと社会も良い方向へ変わって行きます。「男性学」に基づく内容ですが、男性に留まらず物事の捉え方に言及しています。一言でいえば「多様性」をど...

      続きを読む
    開く

    セーフモード