外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

著者:ずんずん

1,430円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一般の日本人にとってはいまだ謎の多い外資系企業。 三流大卒、埼玉のOLだった著者が見た、その本当の”実態”とは……?東洋経済オンラインで30万アクセス!1位獲得の人気連載を大幅加筆!【目次】第1章 採用 三流大卒でも外資系金融に入れる!第2章 出世 「実力主義」という大ウソ第3章 働き方 金、金、金、そして夢第4章 解雇 クビは日常茶飯事です!第5章 エリート? 海外で出会った人々のリアル第6章 JAPAN 日本企業はかなり変だった!

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    12
    5
    3
    4
    3
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/13Posted by ブクログ

      読みものとしてはおもしろい。えー、作り話でしよ?と思うようなネタをはさみつつ、ずんずんさんの鋭い観察力からもたらされる仕事の進め方がはさみこまれ、外資系でなくとも、働き方がみえてくる。就職して、お金は...

      続きを読む
    • 2018/10/27Posted by ブクログ

      いわゆるビジネス書とはちょっと系統が異なる本ですけれども「ビジネス」の世界、それも自分はまったく知らない外資系の世界を垣間見れるかもと思い手に取りました。自分がこれまで働いてきたそれとはまったく違う世...

      続きを読む
    • 2018/06/29Posted by ブクログ

      ゴールドマンサックス証券という、「バイタリティ(押しつけがましさすら感じるほどの覇気、元気など)」、「タフさ(理不尽というものすら力に変えてしまうほどのエネルギー、やるきなど)」を求められる、外資系企...

      続きを読む
    開く

    セーフモード