商店街再生の罠 ─―売りたいモノから、顧客がしたいコトへ

久繁哲之介

770円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「大型店に客を奪われた」というのは、幻想である。商店街衰退の本当の理由は、「成功例」を模倣する公務員と、意欲の低い商店主にあった。レトロ商店街、キャラクター商店街、B級グルメ商店街、シェア起業、スローフード、民間図書館など数々の事例から、商店街衰退を引き起こす「罠」を見つけ出し、再生へのヒントを提示する。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    13
    5
    3
    4
    6
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/09Posted by ブクログ

      いろいろなパターンでダメな理由というのはわかったけれど、やはりこれで解決という簡単なことではないですね。自治体批判が目立ちました。

    • 2017/12/28Posted by ブクログ

      行政が仕掛ける商店街再生の成功例は、非常に少ないと思っており、何か本当に役に立つ手立てはないものかと思っていましたが、この本は説得力があって実践的だと思いました。
      ただ、読んで改めて感じるのは、結局の...

      続きを読む
    • 2017/02/17Posted by ブクログ

      商店街が突如仕事上のテーマになり、勉強用に選んだ本なのだが、ここにもHCD/UXの発想が!手法も、本当の顧客ニーズを知るには、データに頼った机上の企画より顧客の声を聞くこととか(高岡市コロッケの項)、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード