数学は世界を変える

リリアン・R・リーバー/水谷淳

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。詩的な文章とイメージあふれるイラストで、現代数学のエッセンスを解き明かす。独創的な解説と数学への信頼にみちた入門書の古典、ついに刊行。数学を学ぶ喜びがここにある。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    29
    5
    5
    4
    7
    3
    17
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      数学論というか、数学思想というほうがしっくりくるかな。
      ここに書いてあるこてまでを、意識したいが、数学は学んでいる時はここまで考えていない。ただ、こういう考え方、意識は非常に重要だと思う

    • 2018/11/23Posted by ブクログ

      結論に飛びつくな。
      直観を繰り返しチェックしなければならない。そこで数学が役に立つことがある。
      暗黙の考えに光を当てる。
      現代数学の重要な流れは抽象化に向かっている。抽象を理解できるようにする。
      意見...

      続きを読む
    • 2018/11/13Posted by ブクログ

      1942年に米国で刊行された数学の古典入門書。数学がどういうものかを簡単に述べられているが、いまひとつ核心が理解できなかった。純粋な数学書というよりは、哲学書のような論述がなされている。絵が多く、字も...

      続きを読む
    開く

    セーフモード