ご近所美術館

著:森福都

753円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国道沿いのビル群の間にひっそりと建つペンシル・ビル。その二階に“美術館”はあります。のんびり寛げるラウンジは憩いの場として親しまれ、老館長が淹れるコーヒーを目当てに訪れるお客もちらほら。しかし、この度館長が引退することに……。後任としてきたのは、稀に見る美貌を持つ川原董子さん。そんな彼女に、常連の海老野くんは一目惚れしてしまいます。董子さんを振り向かせたい一心で、彼女の妹あかねさんの助けを借りつつ、来館者が持ちこむ謎を解決していく海老野くん。果たして、彼の恋の行方は? 恋する青年が美術館専属の探偵となって奮闘する、ほんわか連作ミステリ。/解説=大矢博子

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2015/06/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/06/02Posted by ブクログ

      色々なタイプの謎が用意されていて楽しめますが、主人公が探偵役になりきれてなくて、全体を通しての芯がない感じがしました。恋愛に関しても煮え切らなくて、どうにもモヤモヤとします。
      あと、見た目はともかくと...

      続きを読む
    • 2015/06/28Posted by ブクログ

      職場の近所で見つけた小さな漫画美術館は美味しいコーヒーを飲める憩いの場。館長が代替わりして、引篭り美人な姉と太り気味でコミケ作家の妹と顔を合わせる。美人の気をひくために色々な謎を挑むことになる。奇妙な...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001528664","price":"753"}]

    セーフモード