ご近所美術館

著:森福都

753円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国道沿いのビル群の間にひっそりと建つペンシル・ビル。その二階に“美術館”はあります。のんびり寛げるラウンジは憩いの場として親しまれ、老館長が淹れるコーヒーを目当てに訪れるお客もちらほら。しかし、この度館長が引退することに……。後任としてきたのは、稀に見る美貌を持つ川原董子さん。そんな彼女に、常連の海老野くんは一目惚れしてしまいます。董子さんを振り向かせたい一心で、彼女の妹あかねさんの助けを借りつつ、来館者が持ちこむ謎を解決していく海老野くん。果たして、彼の恋の行方は? 恋する青年が美術館専属の探偵となって奮闘する、ほんわか連作ミステリ。/解説=大矢博子

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    10
    5
    0
    4
    3
    3
    5
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/10/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      漫画美術館常連の海老野と館長姉妹と謎達。海老野と元引き籠もりの美人な姉とひっつめ髪で肥満で黒ずくめの人気同人漫画家な妹の関係が明るく特に妹の外見を腐しながら第一印象でひどく損をしていると言い切る海老野...

      続きを読む
    • 2017/08/04Posted by ブクログ

      小さなビルの二階にある、近代漫画家の作品を展示した私設美術館。美術館のラウンジは、まったりコーヒーを飲んでくつろげる場所として、ご近所の人たちの憩いの場となっている。
      それまでの老館長に代わり、新しく...

      続きを読む
    開く

    セーフモード